ペット

ワンちゃんと赤ちゃん

ワンちゃんがいるお家で出産を控えている方、家族が増える楽しみと共に様々な不安もありませんか。うちには今年の12月に11歳になるパグの男の子と2歳差の息子が二人います。産前産後どんな生活になるのか、大変だった時、楽しかった時、など少しでも不安を減らすお手伝いができれば、と思い書いてみました。

一人暮らしをしていた大学生の時から犬を飼っています。名前はデクスター君。飼い主としてはダメダメな私でした・・・。ワンちゃんを育てていく事がここまで責任が重い事とは理解もせず飼いはじめ、しつけ方もすごく下手でした。マーキングや吠え癖はいまでも残っています。まあその話は置いておいて・・・。

その後、今年で2歳になった息子を出産。最初は赤ちゃんの泣き声に吠えていたデクスター君も3日で慣れた様子。近づけるとクンクンして、新しい生命体に興味津々でした。

周りからは、ワンちゃんが赤ちゃん引っかいたりしない?衛生面で大丈夫?とよく聞かれましたが、その面ではうちの場合全く問題なかったです。

犬は赤ちゃんがとても大事な存在だという事をしっかり理解しています。家族のメンバーをランク付けすると言いますが、うちの場合ご飯をあげている私よりも、赤ちゃんの方がはるかに上にランク付けられていました。

反対に赤ちゃんが訳も分からず犬をたたいたり痛い事をしても全く抵抗しない(できない)ので、そこは大人がちゃんと赤ちゃんに伝えなくてはいけません。

衛生面でも、動物がいる環境の方がアレルギーも少なく丈夫に育つようなのでそういう意味では全く気にしませんでした。ただ、毛が洋服やベッドにたくさん付くのが嫌だったのと、新生児の時期は予期せぬ事故を防ぐ意味で、部屋は柵で分けていました。

とは言え、気を遣う部分は結構あったので少し大変だったかな。掃除も、掃除機だけでは物足りないので雑巾がけもよくやってました。洗濯ものへのコロコロは必須でした。

正直な所、ワンちゃんと赤ちゃんが同時にいるとそれぞれ別にいた時の仕事量をプラスするよりやる事は相乗的に増える気がします。でも、可愛さや楽しさも倍以上なので頑張れますけどね!

ワンちゃんのお散歩は行けなくて申し訳ない日もありました。出産直後はやはり難しかったし、家族も忙しかったので、お家で過ごしてもうらう日もあったかな。

息子を連れてのワンちゃんのお散歩は、ワンちゃんがメインのはずなのにどうしても息子に気がとられてしまう事に気が付いて、ワンちゃんに申し訳なくなりました。なので、旦那さんのお仕事の前に早朝にワンちゃんと自分だけで行くお散歩が一番良かったです。

息子が少し歩けるようになったら、息子の公園遊びとデクスターのお散歩は完全に合体。一緒に公園に行ってしばらく遊ぶ、という感じが日課でした。その場合はある程度大きい公園を選んで車で行っていました。

二人目が産まれてからの生活は、また次回書きます。

フォーマルな授乳・マタニティワンピース専門店を営んでいます。
授乳服には見えない素敵なデザインが勢ぞろいです。
どうぞご覧ください。 dearmama.jp

 

 

Tagged ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です