出産

帝王切開ってどういう感じ?

帝王切開で息子を二人出産しました。どのような出産だったか、産後の痛みや生活についてなど書いてみました。

一人目は逆子だったので帝王切開決定。二人目は、前回が帝王切開だったので自動的に、という感じでした。

私自身も逆子で帝王切開で産んでもらったので、最初に帝王切開の可能性を産婦人科で伝えられた時なんだか変な納得感がありました。遺伝するものではないだろうけど、母親と同じ運命をたどった事に、そうだよね!わかっていたよ!といった感じの気持ち。

出産が近づいても、怖さは意外にも全くなく、いい意味でのドキドキとほんの少しの不安だけでした。体重がすごく増えてしまい(18kgも!)、そのため足のむくみがかなりひどくて歩くのもつらい状態だったから、早く産んじゃいたい!とか思っていたからかも・・・。

手術日は38週の0日目に決定。病院によっては前日から入院する所もあるようですが、私の所は当日の朝9時頃に行きました。そして手術は13時からでした。当日は自分で車を運転して行きました。(周りからは無謀だと言われましたが・・・。)

そういえば妊娠中は結構運転しちゃってたなぁ。公共の交通機関を使うより安心感がありました。でも今思えば、やはり臨月は控えた方が良かったかな。

病院に到着し赤ちゃんの心拍数とかを計測したら浣腸をしました。手術前には家族も揃い、いざ手術室へ!この時はもうドキドキと早く赤ちゃんに会いたい気持ちでいっぱい。

脊椎麻酔は聞いていたほどは痛くなかった記憶があります。あまり鮮明には覚えてないけど。とにかく興奮している自分を落ち着けさせようと必死でした。手術自体はテキパキと進めていただき、私はただ音を聞いてぼーっと天井をみつめていただけ。なんだか引っ張られたり押されたりする感覚はあるんですけどね。

ただ赤ちゃんが取り出された後ぐらいから急に呼吸が苦しくなってきて、最後はそれだけがかなり辛かったです。横にいたお医者さんに苦しくて怖いかもしれないけど、数値的には大丈夫だから安心して、と言われたのを思い出します。

でもやっぱり苦しくて苦しくて、これだけが後でトラウマになりました。呼吸ができないってすごく恐怖なんですよね。呼吸の苦しさと麻酔のせいで意識が少し遠のいていたけど、気づいたら違う部屋に運ばれていました。ここで初めて、あぁ終わったんだ、と思いました。あとで聞いたら、手術開始から20分もたたないうちに看護師さんが赤ちゃんを抱っこして出てきたそうです。

術後の痛みはというと・・・。痛かったぁ。寝返りが辛かった。でも当日の夜、次の日、その次の日ぐらいでピークは過ぎました。癒着防止と早く治すためにも動けと言われたので、無理やり歩いてたら3日目ぐらいから急に痛みが楽になりました。

悪露は結構続きました。最終的にナプキンがいらなくなるまで1か月ぐらいかかったかも。

9日間の入院も終わり帰宅する頃にはすたすた歩けてたけど、やはり体力の戻りはまだまだでした。家事も全部はできないし、身体のためにもそこまではやらないようにしました。産後の1か月間身体を休ませるのはかなり大事みたいですね。

まとめると、手術はやっぱり痛かったけどとにかく術後どれだけ頑張って動くかでかなり辛さは軽減できたと思います。そして痛さよりも、うれしさや赤ちゃんという未知の存在に出会ったような不思議な気持ちでいっぱいで、痛みの度合いの割には精神的には楽だった気がします。長いようで短い貴重な体験でした。

二人目の帝王切開手術はこれまた最初のとはまったく精神的にも肉体的にも違うものでした。次回第2弾で書く予定です。

フォーマル授乳・マタニティワンピースの専門店「Dear mama」の店長をしています。授乳服、マタニティ服には見えないとっても可愛いデザインが揃っています。良かったらご覧ください→www.dearmama.jp

Tagged , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です