子供, 育児

子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの

昨日も大した事ではないのに息子を叱ってしまい反省です。
二歳半になる息子がお茶が飲みたいというのでコップで渡し、案の定ばしゃ~っと。なんでいつもこぼすの!と言ってしまいました。

二歳の子供がお茶こぼすなんてまだまだ普通だし、そもそも飲んでいる時にその場を離れた自分がいけないのに・・・。

頭では分かっていても、カッとなって叱ってしまう事があります。その夜の可愛い寝顔をみてゴメンねの気持ちでいっぱいになって涙がこぼれたり・・・。

そんな時、タイトルに書いた「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの」を思い出してぐっとこらえたりします。

自分も散々やってきたんだろうなぁ。ダメって言われた事も、いたずらもいっぱいやった。こんな小さな事でカリカリしてどうするんだろう。

振り返れば微笑ましい日々。もっと心に余裕をもって、この一瞬一瞬を大事にしよう。なんてここで書いている時は切実にそう思っているんですけどね。笑

あるママのお話がありました。子供が小さかったころ、毎日ギスギスして怒ってばかりだった。でも振り返れば、あんなに怒る必要があっただろうか。もっと笑顔で過ごしていたらどんなにお互いにとって幸せだったろう、と。

ダメなものはダメなので、時には叱って教えていく事はとても大事です。でもその行動ひとつひとつはそれ程悪くないのに、その時のママの気分だったり状況で必要以上に怒ってしまう事があります。

そういう場合は本当に反省だなぁ。自分もまだママ二年目。でももう二年目。大人なんだから、成長しなくちゃ。と今日も活を入れて頑張ります!

Tagged , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です